ウェディングドレス

現在では3分の1にあたる夫婦が離婚をする時代ではありますが、それでも結婚というのは人生において非常に大きな意味を持っているものです。
そんな節目を演出するものとして、女性にとっては非常に大きなポイントとなるのが「ウェディングドレス」ではないでしょうか。
子供の頃からウェディングドレスに対して憧れがあり、絶対に結婚式は西洋式で行いたい、と考えていたという人も多いでしょう。
ただし、このウェディングドレスというのは礼装であるため、ただ綺麗なものを選べば良いかというとそうではありません。
実際、ウェディングドレスに関しては様々なしきたりが存在しており、利用の仕方を知っておく必要があるのです。
そこで当サイトでは、様々なウェディングドレスのしきたりについて紹介します。

まず1つ目に紹介するのは「昼と夜の式での違い」です。
時間帯によって適しているドレスというのが違っている事が少なくありません。
特に屋外で行う披露宴などの場合には注意されるポイントとなります。
次に紹介するのは「小物の選び方」についてです。
ウェディングドレスにとって小物というのは重要な役割を担うものです。
いくらドレス自体が綺麗なものでも、小物選びのセンスがなければ全体としてあまり良くない装いになってしまうことでしょう。
最後に紹介するのは「洋装和装の違い」についてです。
和装の場合にはウェディングドレスではなく白無垢を使う事になりますが、その際のポイントについて紹介します。



■関連リンク
洋装和装どちらも選べる渋谷のウェディングフォトスタジオのサイトです → 渋谷 ウェディングフォト